リサーチデータの共有サイト - Research Clip

地球上の生物180万種のオンライン・データベース,Wikipediaスタイルで着手

 地球上の動植物180万種のオンライン・データーベースを作り上げるプロジェクトが始まった(Guardianより)。 仕掛けたのは、米国の社会生物学者(sociobiologist)E. O. Wilson氏である。彼は2007年のTED(Technology Entertainment Design)賞の受賞者で,その時彼に夢をかなえる(make a wish)機会が与えられた。その夢が,地球上の生物の種のオンライン・データーベースを作ることであった。  MacArthur Foundation と the Alfred P. Sloan Foundationから1250万ドルの資金支援を受け, Encyclopedia of Life を設立して,夢のプロジェクトがスタートした。だが,とてつもない規模の作業なので,完成の目標は2017年としている。そしてオンライン・データベースの作成には,市民参加型手法を採用した。つまりWikipediaスタイルで作り上げていく。誰もがテキスト,写真,動画を投稿できる。コンテンツは専門家がチェックする。 滑り出しは順調だ。すでに生物15万種以上の投稿があり,250人の専門家と1200人の市民科学者が貢献している。このデータベースの作成過程を垣間見ることもできる。投稿写真は以下のように,写真共有サイトのFlickr(flickr:Encyclopedia of Life Images)で閲覧できる。 また,現在の投降者数と投稿写真数は次の通り。 国別ビジター数を調べたのだが,やはり日本からのアクセスは少ない。 最後にこのプロジェクトの仕掛人E. O. Wilson氏が,TEDカンファレンスで「世界を変えるための1つの願い」を発表した時のビデオを貼っておく。Encyclopedia of Life Images ◇参考・Wikipedia-style website to record every species on Earth(Guardian)・Encyclopedia of Life to gather every species into a digital Noah's Ark(Guardian)
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

このデータのURLがあるブログ一覧

Loading...

コメントするには ログイン して下さい。

データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る