リサーチデータの共有サイト - Research Clip

Yahoo! Web Analytics Enterprise EditionにあってYahoo!アクセス解析にないメニュー

まあ正確に数えればいろいろあるんですが、ナビゲーションのメニューではYahoo!アクセス解析にシナリオ分析がないというのが、ちょっともったいない感じがする。まあYahoo! Web AnalyticsはEnterprise Editionというのを見ているので、その違いかもしれないので、予めご了承下さい。あとは、確かに世界を相手にしているのと日本だけを相手にしている違いが顕著にでているのが、トラフィックのメニューでYahoo! Web AnalyticsはTop Browsing HoursとMost Active Server Hoursの二つがあるのに対して、Yahoo!アクセス解析では時間帯別ページビューしかない。これはどういう事かと言うと、Top Browsing Hoursとはユーザ側が見ている時間帯を示している(世界中のタイムゾーンをユーザ側に合わせている)のに対して、Most Active Server Hoursはサーバサイドにおける実際の時間をベースにしているという両面から見ているところが素晴らしいと言える。あとは、Yahoo! Web Analyticsでちょっと怪しいデータが、DemographicsのVisitor Profileだ。どうやって男女や年齢を推定しているのかがよくわからない。

世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

このデータのURLがあるブログ一覧

Loading...

コメントするには ログイン して下さい。

データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る