リサーチデータの共有サイト - Research Clip

九州大 神経障害性疼痛の慢性化にカテプシンSの働きが重要であることを解明 - QLifePro医療ニュース

九州大 神経障害性疼痛の慢性化にカテプシンSの働きが重要であることを解明QLifePro医療ニュース九州大学大学院歯学研究院の中西博教授らの研究グループは2月19日、マウスによる研究で、二次リンパ組織である脾臓における樹状細胞のリソソーム酵素カテプシンSの働きによる抗原特異的なCD4+T細胞の活性化が、神経障害性疼痛の慢性化に重要であることを明らかに ...
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

このデータのURLがあるブログ一覧

Loading...

コメントするには ログイン して下さい。

データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る