人気の記事 » 経済

タイ経済を占うための6つのポイント - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版タイ経済を占うための6つのポイントウォール・ストリート・ジャーナル日本版タイ軍は22日、タクシン元首相派政権と反政府派の対立が何カ月にもわたって解消されずに来たことから、憲法を一時停止しクーデターを決行したと発表した。タイ政府は、反政府デモ発生を受けた昨年12月の下院解散以降、予算編成や景気対策実施の権限を限定され、タイ経済 ...タイクーデター、日本の車メーカーは情勢を注視読売新聞all 116 news articles » (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

昨夏に比べボーナス額減少は33%、購買意欲の減少は57%に拡大

昨夏に比べボーナス額減少は33%、購買意欲の減少は57%に拡大――MM 総研調べ - japan.internet.com Webマーケティング.
額面よりも意欲は大幅に下回るのですね。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

前年比-1.9%の556万2000円・6割以上が平均所得以下……2007年の平均所得額発表

厚生労働省は2009年5月21日、2008年における国民生活基礎調査の概況を発表した。それによると、2007年における全世帯の1世帯当たりの平均所得金額は556万2000円となり、前年と比べて1.9%減少したことが明らかになった。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

現時点で世論調査が直ちにインターネット調査に置き換えられる可能性はほぼない

2009/4/28の内閣府の世論調査におけるインターネット調査の活用可能性から。http://www8.cao.go.jp/survey/sonota/h20-internet1/index.htmlhttp://www8.cao.go.jp/survey/sonota/h20-internet1/3.pdfタイトルにしたのは、私の意見でなく、内閣府がまとめたレポートの総括に書かれていたコメント。世論調査におけるネット利用者と同不利用者との比較では、「悩みや不安」といった受動的な(あるいは社会共通)意識と考えられる設問においては差異が小さく,「生活の充実感」,「去年からの生活向上感」など,能動的な(あるいは個人志向)意識と考えられる設問においては差異が大きい。

(詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

平成20 年度 調査研究 「世論調査におけるインターネット調査の活用可能性」概要 ~国民生活に関する意識について~

「国民生活に関する世論調査」(平成20 年6月実施)を題材として,インターネ
ット調査を同時期に実施し,比較分析を行ったところ,その結果概要は以下の通り
(両調査の概要は別表) (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

総合/年内夜明け? 改善じわり 国内景気、102社アンケート - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE

フジサンケイビジネスアイが主要企業102社を対象に実施したアンケートで、国内景気の回復時期について51%の企業が「2010年以降」とみていることが分かった。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

持ち家育ちは自分の一軒家を欲しがる!

持ち家や賃貸マンションなど住宅の形態はさまざまだが、ネットユーザーはどんな理想を持っているのだろうか?20代から40代の男女364名に調査を実施、回答を集計した。

詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。
【通常のグラフはこちらをクリックしていただくとご覧いただけます】
持ち家や賃貸マンションなど住宅の形態はさまざまだが、ネットユーザーはどんな理想を持っているのだろうか?20代から40代の男女364名に調査を実施、回答を集計した。

理想とする家を聞いたところ、「一軒家(持ち家)」が65.1%で圧倒的人気だった。続く「分譲マンション(14.6%)」と「賃貸マンション・アパート(11.0%)」のポイント差は少なく、賃貸の「一軒家(1.9%)」を理想とする人は少数だった。「一軒家(持ち家)」が理想とする住宅の1位であることはどの年代も同様だが (詳細へ) »
世代:
  • 20代
  • 30代
  • 40代
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

グラフでみる国勢調査

15~64歳の人口を生産年齢人口と言います。この生産年齢人口の割合は昭和45年を境に減少傾向にあります。全体を見てみると、高齢者割合が増加し、年少者割合が減少していますが、生産年齢人口の割合では緩やかな変化を維持しています。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし
データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
並べ替え
最新記事

上に戻る