リサーチデータの共有サイト - Research Clip

東芝:低電力MCUのディープスリープモードからの高速復帰を可能にする極低リークSRAM(XLL SRAM)の開発について - QLifePro医療ニュース

東芝:低電力MCUのディープスリープモードからの高速復帰を可能にする極低リークSRAM(XLL SRAM)の開発についてQLifePro医療ニュースビジネスワイヤ) — 東芝は、低電力MCUのデータバックアップ用途に適した極低リークSRAM(eXtremely Low Leak : XLL SRAM)を65nmプロセスで開発しました。本SRAMをMCUのバックアップRAMとして使用することで、ディープスリープモードからの高速復帰が可能になり ...東芝、無線センサー端末向けにリーク電流1/1000のSRAM技術を開発Tech On! (会員登録)all 3 news articles »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

このデータのURLがあるブログ一覧

Loading...

コメントするには ログイン して下さい。

データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る