人気の記事

父親と母親のこと何て呼んでる?

家庭での親の呼びかた、男性は「おやじ」、女性は「パパ」が多い?
 ~そう呼んでいる理由は「小さい頃から呼んでいるから」


詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。
【通常のグラフはこちらをクリックしていただくとご覧いただけます】
家族の前で自分のことを「私や僕」と呼んだり、「あだ名」で指したりと様々な人がいるようだが、自分の親のことはどのように呼んでいるのだろうか。ネットユーザーを対象に調査を実施。集計回答数は、20代から40代の男女626名。うち、父親が健在なのは463名(74.0%)。母親が健在なのは559名(89.3%)。

まず、父親が健在の人に、家庭での呼びかたを尋ねた。1位は63.1%で「お父さん・父さん」。次いで「おやじ」が12.3%、「パパ・ダディ(8.6%)」、「お父ちゃん・父ちゃん(6.3%)」と続いた。男性は女性 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

検索エンジン視点のWebやリンクの統計データを紹介しよう(前編) | Web担当者Forum

先週、僕はSMX Munichで「WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)のインデックス作成から得た教訓」と題した基調講演を行った。講演では、僕らがウェブインデックス作成で得た豊富なデータを発表したほか、検索エンジンがやっている多くの処理(クロール、インデックス化、リンクグラフの作成、重複除外、正規化など)を自分たちでやってみて得た経験に基づき、SEOに役立つヒントをいくつか紹介した。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

livedoor ニュース - なくなってもいいと思う山手線の駅はどこ? 3000人アンケートで決定

このURLを登録しているユーザは1人です。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

「ブログ持ち」「今でも更新」約2割、毎日更新1割とチョイ

マイボイスコムは2009年5月24日までに、ブログに関する調査結果を発表した。それによると、調査母体においてはブログを開設して現在も更新している人は2割強に達していることが分かった。さらにそのうち、毎日1回以上更新している人は約18%に登っていた。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

Twitter利用者、日本でも急増–男性が75%を占める

Twitter利用者、日本でも急増–男性が75%を占める:マーケティング - CNET Japan.
英国の方が伸びているんですね。アジアが全て日本語になればよいのにw (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

「寂しがり屋」は携帯電話が大事?

様々な電化製品に囲まれて日々生活しているが、現在、どんな電化製品が「必需品」ととらえられているのだろうか。「家庭」での必需電化製品に的を絞って調査を実施。20代から40代のネットユーザー560名の回答を集計した。回答者の属性は「どちらかというと寂しがり屋(37.3%)」「寂しがり屋(20.5%)」を合わせた『寂しがり屋』が57.9%(324名)、「そうではない」人は42.1%(236名)。 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

米-母の日関連のメール・マーケティング結果

Insight for WebAnalytics: 米母の日関連のメール・マーケティング結果.
当日は何なのだろう。実店舗!? (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

「コンタクトレンズ」と「メガネ」どっちがかわいい?

女性がコンタクト使う理由、「メガネよりかわいく見えるから」2割
 ~女性と30代にはコンタクト愛用者が多い?2割が「毎日使用している」


詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。
【通常のグラフはこちらをクリックしていただくとご覧いただけます】
現在、様々なタイプが登場し、ライフスタイルや生活シーンに合わせて選べるようになったコンタクトレンズ。その利用動向について20代から40代を中心とするネットユーザーに調査を実施し、男女643名の回答を集計した。

現在、視力補正のためにコンタクトレンズを使用しているか聞いたところ、「毎日使用している(15.6%)」「毎日ではないが頻繁に使用している(4.2%)」「たまに使用している(10.0%)」を合わせた『使用者』は29.7%。中でも女性と30代では20%以上が「毎日使用している」と回答してお (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし
データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
並べ替え
最新記事

上に戻る