検索結果 audi

Post CES Recap–Aptiv, Green Hills, On Semi, Panasonic, Audi & Amazon - AUTO Connected Car News

Post CES Recap–Aptiv, Green Hills, On Semi, Panasonic, Audi & Amazon  AUTO Connected Car News (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

アウディ正規販売店「Audi 鹿児島」をリニューアルオープン – PR TIMES

アウディ正規販売店「Audi 鹿児島」をリニューアルオープン  PR TIMESアウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)とアウディ正規販売店契約を締結している株式会社ファーレン九州(代表取締役社長: ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

Audi Team Hitotsuyama 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート – オートスポーツweb

Audi Team Hitotsuyama 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート  オートスポーツweb2019.04.16 Audi Team Hitotsuyama 悪条件を撥ねのけ大きく順位を上げるも、赤旗終了により惜しくも入賞には届かず 2019 AUTOBACS SUPER GT Round 1 ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

新型 Audi A6 Sedan /Audi A6 Avantを発売|アウディ ジャパン 株式会社のプレスリリース – PR TIMES

新型 Audi A6 Sedan /Audi A6 Avantを発売|アウディ ジャパン 株式会社のプレスリリース  PR TIMESアウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、1968年の初代より50年以上にわたって大きな成功を収めてきたアッパーミドル ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

スーパースポーツで雪道を楽しむ、という贅沢…Audi R8 Spyder の絶対的安心感に驚き – レスポンス

レスポンススーパースポーツで雪道を楽しむ、という贅沢…Audi R8 Spyder の絶対的安心感に驚きレスポンスそんな中でも、ウインタータイヤを装着したR8スパイダーの走りは実に頼もしい。ミッドシップでquattro(クワトロ)四輪駆動システムというアウディの中でも唯一のパッケージとなるR8だが、おかげで滑りやすい路面でも十分なトラクションを得ることができ、不意に挙動を乱すこともなく、いたって安定してイメージどおりにラインをトレース ...and more »... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

“動く写真”で車両アピール、Audiやトヨタが活用 – 日経テクノロジーオンライン

日経テクノロジーオンライン“動く写真”で車両アピール、Audiやトヨタが活用日経テクノロジーオンライン視点| (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

ラーメンでもサラダでもない「型破り」な味? Audi×一風堂のコラボフードの味がさっぱり想像できない - ねとらぼ

ねとらぼラーメンでもサラダでもない「型破り」な味? Audi×一風堂のコラボフードの味がさっぱり想像できないねとらぼこれは初夏に発売予定の「Audi Q2(プレミアムコンパクトSUV)」に関連する「New Food Challenge」と呼ばれる企画の一環で、ラーメンの概念を超えた新ジャンルのフードを開発して「Q2」と命名したとしています。 肝心のお味や、実際に提供されるメニューにどのような食材が使 ...and more » (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

新型Audi RS 3 Sportback、新しいエンジンとよりシャープになった外観のAudi RS 3 Sportbackをジュネーブ国際モーターショーに出品 – 時事通信

時事通信新型Audi RS 3 Sportback、新しいエンジンとよりシャープになった外観のAudi RS 3 Sportbackをジュネーブ国際モーターショーに出& (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし
データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る