検索結果 benesse

新大学入試に向けた進路選択・学習のポイント|ベネッセ教育情報サイト – Benesse 教育情報サイト

新大学入試に向けた進路選択・学習のポイント|ベネッセ教育情報サイト  Benesse 教育情報サイト【ベネッセ|大学受験】学びたい学問と学べる大学と出会えるイベント「夢ナビライブ2019」東京にて、進研ゼミ高校講座 編集室の相武貴志が行った講演をまとめました。... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

「読み方」が多様に?オヤコ読書のススメ – Benesse 教育情報サイト

Benesse 教育情報サイト「読み方」が多様に?オヤコ読書のススメBenesse 教育情報サイト待ちに待った夏休み。普段なかなか会えない人を訪ねたり、自然豊かな場所を求めて旅行したり、楽しみ方は家族によってさまざまですが、エアコンの効いた部屋で、それぞれ気になった本を手に取り、本が誘う世界に没入する。そんな過ごし方もまた、夏休みならではの楽しみ ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

苦手だと思いがちな「読書感想文」は「問題提起」と「答え」を導く練習 – Benesse 教育情報サイト

Benesse 教育情報サイト苦手だと思いがちな「読書感想文」は「問題提起」と「答え」を導く練習Benesse 教育情報サイト子ども一人ひとりの視点を生かした読書感想文を仕上げるコツと保護者のかかわり方について、『読書感想文書き方ドリル2018』の著者で思想家・教育家・作家の大竹稽さんに伺います。 材料は「捨てる」のではなく「選ぶ」. 1 あらすじをまとめる 2 注目したところをあげる 3 自分の ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

読書感想文のコツを知りたい!まずは、思考を広げ、材料を集める – Benesse 教育情報サイト

Benesse 教育情報サイト読書感想文のコツを知りたい!まずは、思考を広げ、材料を集めるBenesse 教育情報サイト読書感想文の書き方ドリル2018』は、次のような7つの質問から構成されています。これらの質問に、自分の言葉で答えていくことが、自分なりの「切り口」を発見し、思考のプロセスを身につける手助けとなります。 Q1 あらすじこの本は、どういう話だったかな? Q2 注目したところ ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

よい読書感想文とは? 保護者はどうかかわればいい? – Benesse 教育情報サイト

Benesse 教育情報サイトよい読書感想文とは? 保護者はどうかかわればいい?Benesse 教育情報サイト読書感想文を仕上げるには、本を「読む」、「考える」、「書く」の3つの力が必要です。この3つは学力の根幹といえ、大人になるまでに必ず身につけておきたい力でもあります。しかし、これらは大人が答えを教えてしまっては身につきません。だから、時間も手間もかかります。... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

脳科学者が教える 賢い脳に育てる子育てヒント – Benesse 教育情報サイト

Benesse 教育情報サイト脳科学者が教える 賢い脳に育てる子育てヒントBenesse 教育情報サイト『MOVE はじめてのずかん みぢかないきもの』の監修を務められた脳科学者の瀧靖之先生は、お子さまが図鑑でなにかに興味をもったら、リアルな体験に結びつけると、知的好奇心が伸びるといいます。今回は、将来にわたって好きなものを追求し、賢い脳に育てるために今 ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

社会科が変わる!「暗記教科」から「最も使える教科」へ 新学習指導要領 – Benesse 教育情報サイト

社会科が変わる!「暗記教科」から「最も使える教科」へ 新学習指導要領Benesse 教育情報サイトそこで、必修となる「歴史総合」では、近代以降、日本でいえば江戸時代中期から現代までを中心に学ぶこととなりました。大規模な国際的交流が始まった大航海時代以降、近代社会がどう形成され、その中で日本がどう動いたかについて、地理学や政治学、経済学的な視点も取り入れながら学んでいく方針です ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

「STEM教育」って何? プログラミング・AI時代に注目! – Benesse 教育情報サイト

Benesse 教育情報サイト「STEM教育」って何? プログラミング・AI時代に注目!Benesse 教育情報サイト新井会長は、元々のSTEM教育をバージョン1.0とすれば、芸術(Art)を加えた「STEAM(スティーム)教育」、さらにロボット工学(Robotics)を加えた「STREAM(ストリーム)教育」などさまざまなバリエーションを生んでいる現在を「STEM教育1.5」、それに続くAI時代を「STEM教育2.0」と位置付けました。 2020年度から順次実 ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし
データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る