検索結果 culture, bankcampfire, ,

電通、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」始動 – 観光経済新聞

電通、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」始動  観光経済新聞 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

電通、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」を始動:紀伊民報AGARA – 紀伊民報

電通、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」を始動:紀伊民報AGARA  紀伊民報 (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

京都で活躍する文化・芸術の各分野のエキスパートによるプログラム Art of Culture Programが2020年より開始! – PR TIMES

京都で活躍する文化・芸術の各分野のエキスパートによるプログラム Art of Culture Programが2020年より開始!  PR TIMES (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

Tesla Needs Its Battery Maker. A Culture Clash Threatens Their Relationship. - The Wall Street Journal

Tesla Needs Its Battery Maker. A Culture Clash Threatens Their Relationship.  The Wall Street Journal (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

イスラエル出身プロデューサーMaayan Nidamが、日本とイスラエルの新たな文化のあり方を繋ぎ合わせることをテーマに発足したパーティSub Cultureへ登場! – 朝日新聞

イスラエル出身プロデューサーMaayan Nidamが、日本とイスラエルの新たな文化のあり方を繋ぎ合わせることをテーマに発足したパーティSub Cultureへ登場!  朝日新聞Fumiya Tanakaのパートナーとして長年活動を共にしているTaroが共演する。 Maayan Nidam | Boiler Room: Bucharest ▽ Maayan Nidam ベルリン拠点のDJ/ ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

『CULTURE BANK/カルチャーバンク』ヴィンテージメガネの再生プロジェクト、CAMPFIRE開始わずか10時間で目標金額達成! – 時事通信

『CULTURE BANK/カルチャーバンク』ヴィンテージメガネの再生プロジェクト、CAMPFIRE開始わずか10時間で目標金額達成!  時事通信[株式会社ウーリー] ロサンゼルス郊外、古い倉庫で60'S GI GLASSESのリムが新品の状態で発見された。メガネの聖地鯖江にて整備し、製品化に挑む。 人類が生み出し ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

『CULTURE BANK/カルチャーバンク』が60’s GI GLASSES 再生プロジェクトの試作品を公開、8月上旬からCAMPFIREで支援を募る – 時事通信

『CULTURE BANK/カルチャーバンク』が60's GI GLASSES 再生プロジェクトの試作品を公開、8月上旬からCAMPFIREで支援を募る  時事通信[株式会社ウーリー] 話題の60's GI GLASSES再生プロジェクト 試作品が完成 ロサンゼルス郊外、古い倉庫でのリムのみが発見された60'S GI GLASSES、鯖江にて整備、 ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

『CULTURE BANK/カルチャーバンク』が60’s GI GLASSES 再生プロジェクトの試作品を公開、8月上旬からCAMPFIREで支援を募る – PR TIMES

『CULTURE BANK/カルチャーバンク』が60's GI GLASSES 再生プロジェクトの試作品を公開、8月上旬からCAMPFIREで支援を募る  PR TIMES未使用デットストックで見つかった60年代のGI GLASSESの製品化に向けて、鯖江の工房とタッグを組み進めてきた『CULTURE BANK』が実現に向けて支援を募る。... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし
データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る