検索結果 infoq

Googleのソフトウェアエンジニアリング文化 – InfoQ Japan

Googleのソフトウェアエンジニアリング文化  InfoQ Japan (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

品質と文化:別の分野、業界からの学び – InfoQ Japan

品質と文化:別の分野、業界からの学び  InfoQ Japan航空や医療といった別の業界について学び、別の分野を研究することで得られるものがある、とPoppuloのソフトウェアテスターであるConor Fitzgerald氏はRebelCon.io ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

スクラムとトヨタ生産システム、超強力なチームの構築 – InfoQ Japan

スクラムとトヨタ生産システム、超強力なチームの構築  InfoQ Japanこの記事では、トヨタ生産システムがナレッジ構築システムとして、どのように優れたスクラムチームを開発して優れた結果を生み出すための学習トピックを明らかにする助け ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

NetObjectivesのAl Shalloway氏が語る,バリューストリーム管理における経営陣とマネージャの役割 – InfoQ Japan

NetObjectivesのAl Shalloway氏が語る,バリューストリーム管理における経営陣とマネージャの役割  InfoQ Japan組織がアジャイルに移行する上で,経営陣の取るべき役割は,その文化やパフォーマンスの目標に最も適した効率的な組織のビジョンをデザインし,それについて語ることだ。... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

暗号通貨に反対する銀行と、ブロックチェーン支持に傾く企業 – InfoQ Japan

暗号通貨に反対する銀行と、ブロックチェーン支持に傾く企業InfoQ Japan大手銀行のCaptal Oneが、過大なリスクと変動性、金融主流派による支持の限定性に関する懸念から、クレジットカードによる暗号通貨の購入を禁止する動きに出たのだ。英国銀行のLloydsがこれに続いた。ただしCaptal Oneのブロックチェーン技術に関する姿勢は、必ずしも否定的なものではない。2016年にはエンタープ ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

進化的アーキテクチャと継続的デリバリを支える技術的実践 – InfoQ Japan

進化的アーキテクチャと継続的デリバリを支える技術的実践InfoQ JapanTDDやリファクタリング、CI、ペアプログラミングなどのXPの実践は創発的設計をサポートし、アーキテクチャの進化を可能にする。継続的デリバリに必要なのは第一にCIで、メインラインに毎日コミットすることだ。きれいでしっかり考えられた、そして、よくテストされたコードを書けることは開発者にとってもっとも重要なスキルだ。 北米の ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

QCon New York 2017: マイクロサービスアーキテクチャを進化させる - InfoQ Japan

QCon New York 2017: マイクロサービスアーキテクチャを進化させるInfoQ JapanQCon New York 2017にて、Andrew Hart氏はマイクロサービスアーキテクチャの進化について、SeatGeekにおける実例を多数挙げながら、そのアーキテクチャ、組織、運用といった面について語った。 あらゆるソフトウェアシステムは実際に何らかの形で相互接続されている、 ... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

クラウド上に銀行を作る - Starling BankのGreg Hawkins氏が語るOpen Banking, DevOps, ハッカソン - InfoQ Japan

クラウド上に銀行を作る - Starling BankのGreg Hawkins氏が語るOpen Banking, DevOps, ハッカソンInfoQ JapanHawkins氏との議論は、英国銀行がオープンAPI標準としてOpen Bankingを採用していること、その分野でのセキュリティとイノベーションを対象とした措置に関する欧州指針がPSD2であること、などの話題から始まった。この中で注目すべきは、すべての銀行に対してAPIを通じ ... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし
データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る