検索結果 maco

MACO、ソニー・ミュージックへの移籍を発表。新曲「タイムリミット」リリース決定 – BARKS

MACO、ソニー・ミュージックへの移籍を発表。新曲「タイムリミット」リリース決定  BARKSシンガーソングライターMACOがSONYMUSICへの移籍を発表。さらに2週間後の8月28日にデジタルシングル「タイムリミット」をリリースすることを明かした。◇MACO ...... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

MACO、新曲は「女性へのラブソング」 ソニーミュージック移籍で新境地 ライブで初披露 – スポニチアネックス Sponichi Annex

MACO、新曲は「女性へのラブソング」 ソニーミュージック移籍で新境地 ライブで初披露  スポニチアネックス Sponichi Annexシンガー・ソングライターのMACO(28)が15日、ファンクラブ限定ライブを東京・恵比寿リキッドルームで行った。 所属レコード会社をソニーミュージックに移したことを発表。... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

MACOの曲で恋愛における5つの壁をクリアせよ! - KKBOX (プレスリリース)

KKBOX (プレスリリース)MACOの曲で恋愛における5つの壁をクリアせよ!KKBOX (プレスリリース)ラブソングの歌姫MACOはデビュー前、テイラー・スウィフトのカバー曲で一躍有名になる。デビュー4年にしてベストアルバム【BEST LOVE MACO】をリリースした彼女がKKBOXのインタビューに応じ、アルバム制作秘話や、恋愛ゲームでよくある5つの状況にマッチしたBGMを選曲 ... (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

恋愛を歌うシンガーの“役割”とは? MACOが「恋するヒトミ」で更新するラブソングのフォーマット - リアルサウンド

リアルサウンド恋愛を歌うシンガーの“役割”とは? MACOが「恋するヒトミ」で更新するラブソングのフォーマットリアルサウンドトレンディードラマで描かれる憧れの恋愛」と「それを盛り上げる甘く切ないラブソング」に多くの人が素直に感情移入していた時代は過ぎ去り、そういったものが陳腐な表現の代表例的に扱われるまでになった。生涯未婚率の上昇、恋人のいない若者の増加など、恋愛の相対的な ...and more » (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

恋愛を歌うシンガーの“役割”とは? MACOが「恋するヒトミ」で更新する ... - リアルサウンド

リアルサウンド恋愛を歌うシンガーの“役割”とは? MACOが「恋するヒトミ」で更新する ...リアルサウンド「恋愛」というものはいつの時代もポップソングにおける普遍的なテーマだが、Jポップが産業として成立した1990年代と2017年現在では、恋愛というものに対する世間の認識 ...and more » (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

MACO、地元・北海道で美声響かせ魅了「ただいまー!」<札幌コレクション2017> - モデルプレス

モデルプレスMACO、地元・北海道で美声響かせ魅了「ただいまー!」<札幌コレクション2017>モデルプレス恋人同士」で一気に会場を引き込むと、2曲目「LOVE」では「札幌の皆さん一緒に歌って下さい」と呼びかけ、手を振りながら盛り上げた。 MACO(C)モデルプレス. MCでは函館出身であることから「北海道出身で、こうして札幌コレクションに出させて頂けてとてもうれしく思ってい ...and more » (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

葉山奨之&松元絵里花の“遠距離恋愛”に胸キュン必至!MACO「100%描き出せた」 - モデルプレス

モデルプレス葉山奨之&松元絵里花の“遠距離恋愛”に胸キュン必至!MACO「100%描き出せた」モデルプレス【MACO・葉山奨之・松元絵里花/モデルプレス=9月15日】アーティスト・MACOのセカンドアルバム『love letter』(9月21日発売)に収録されるリードシングル「手紙」のMVが公開された。俳優の葉山奨之、『Ray』専属モデルの松元絵里花が出演している。 <モデルプレス独占 ...and more » (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし

MACOが見せたライブパフォーマンスの“進化” 豊洲PIT公演を徹底レポート - リアルサウンド

リアルサウンドMACOが見せたライブパフォーマンスの“進化” 豊洲PIT公演を徹底レポートリアルサウンドまず最大の“進化”といえるのは、『FIRST KISS』の楽曲をライブで最大限活かすことができるようになったことだろう。同作は、これまでのバラードを主体とした作品たちと違い、シンディー・ローパーをイメージしたというアップテンポなポップス「We Gonna Be Happy」や、アーバンな ...and more » (詳細へ) »
世代:
区別なし
|
性別:
区別なし
|
職業:
区別なし
データの見方
  • インターネットリサーチの見方
  • インターネットリサーチの長所・短所
  • 参考文献
人気の記事

上に戻る